リフォームの良しあし

日本の建築技術は世界中でも非常に優れています。日本人の国民的性格が幸いし大きな建築物でも1cmとずれることはまずありません。ただどうしても建築材、土台、温度、湿気などの要素で歪みが出て、どんなに優れた建築物でも設計よりも数ミリはずれてしまうそうです。このずれが少なければ少ないほど良いリフォームと言えるでしょう。

最新のお知らせ一覧

内装を変更する際に、皆さんはどのようなことを気にしますか?

一番多いのが、家具やカーテンといった回答です。
注目してもらいたいのが、内壁材です。面積がひろいため、壁紙を変更するだけで、劇的にイメージチェンジすることが出来ます。

最新の技術進歩はすごく、最近では、LIXILのエコカラットシリーズが人気です。
本サイトでは、エコカラットの魅力をご紹介します。

エコカラットとは、微かな孔をもつ素材を採用しており、呼吸する建築材というコピーをつけるほど、調湿機能に優れています。
粘土鉱物などの原料を使って作られている内装壁材で、前述の調湿機能だけでなく、除湿機能に関しても大変優れた建材となっております。

これまでのデータを蓄積して開発されており、室内の湿度が高くなると、湿気を吸収して湿度を下げ、逆に湿度が低くなると湿気を放出するといった、湿度を最適化する機能を持っております。

環境観点も忘れておらず、エコカラットは、電気やガスなどのエネルギーに頼ることなく、自然の力で湿度を調節することに意味があります。

もちろん、湿度だけでなく、脱臭効果、汚れに強いといった強みも持っております。
中でも、有害物質の濃度を下げる機能ももっているのが人気の秘密になっております。

多方面に優れた建材エコカラット。上位シリーズのエコカラットプラスも是非一度実物を見て採用を検討してみてください!

トピック

ボックス画像1

エコカラットの種類について

ボックス画像2

エコカラットプラスの種類について

ボックス画像3

エコカラット4つの特徴について

Copyright© 2011 EK corporation Tokyo All Rights Reserved.